利用しやすい装置

矯正を行うにあたっての費用について

歯列矯正にかかる一般的な費用は70万から100万といわれています。歯列矯正は保険適用外となるため自己負担となります。治療内容によっては医療費控除の対象となる場合があるので、申請をすれば戻ってくることもあるので確認が必要です。 また、歯列矯正に使用する装置によっても費用は異なります。最近では、裏側からの装置や透明の装置を使用してより目立たなくする方法が多くあります。例えば裏側からの装置では100万から150万ほどになります。歯科によって検査内容も違うため価格も異なります。検査内容が細かいまたは多くなるほど費用はかかりますが、さまざまな検査とともに歯列矯正を行うことは信頼感も大いにあります。費用を考えながら個人個人にあった装置を使用していくことが重要です。

歯列矯正を行う時期の変化について

歯列矯正はこれまで子供の頃に行う方が多い傾向にありました。歯の動きなどが盛んである幼少時期に行う人が多かったですが、最近では大人になってから歯列矯正を行う方も増えています。それは、装置の進歩や発達も大きく影響していると考えられます。目立たない装置が開発されることによって、費用は少し高くなりますがより利用しやすいものも多くあります。また、最近では歯列矯正専門の歯科も増えているため、一般歯科とは違った雰囲気のものも多いです。特に内装や外観がきれいで利用しやすい歯科も多くあるため、ネイルサロンを利用するような感覚で歯列矯正歯科を利用する大人も増えています。大人になってからこそ歯列矯正に費用を当てられるというメリットもあります。